ごあいさつ


                                        北海道養護教員会

                                        会長 萬徳 雅美

  

 会員の皆様におかれましては、新年度業務に加え感染症対応に追われるお忙しい毎日をお過ごしのことといます。

 このたび、佐藤会長の後を引き継ぎ札幌高校支部として会長をお引き受け致しました。微力ではありますが、会員の皆様に御協力を頂きながら務めて参りたいと思います。今年度、本部四役は会長、副会長、事務局長の3名、支部長10名、事務局員8名が交代となり新年度のスタートを切りました。1年間どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、今年度の第1回支部長研修会は感染症予防の観点から紙面会議とし、会計監査と研究大会打合せ会のみを行うことといたしました。会計監査は石狩支部・胆振支部が担当ですが、今回は胆振支部に代わり札幌小中支部に担当していただくことになりました。快くお引き受けくださりありがとうございました。

今年の第51回北海道養護教員研究大会は、誌上開催と動画配信の形で行います。「集まれないときはどのようなスタイルでの学びを実施していくか」研修を行い、鈴木実行委員長を中心に札幌小中支部の皆様が、これまでにない取組に奮闘され準備を進めてくださっています。また、研究発表担当支部の皆様には、思うように研究を進めることができない中での発表で大変ご苦労されたことと思います。コロナ禍でも、会員の皆様が学びを得られる大会となりますよう、12月の研究集録と配信を心待ちにしております。

 今年度も中止や変更などがあり、まだまだ予定通りにならない状況です。会員の皆様には御理解と御協力のほど、よろしくお願いいたします。                             (4月15日)